ラスコー・アルタミラの壁画

日比野克彦 ~ひとはなぜ絵を描くのか?

 日比野克彦さんに「そこにある物語」「人との絆」を語っていただきました。80年代、東京芸術大学在学中に段ボールの作品で注目を浴びて以来、
アートシーンの先端を駆け抜けてきた日比野克彦。

(脳科学者の茂木健一郎さんとタレントのSHELLYさん、アーティストの日比野克彦さ­んをMCに迎え、トップデザイナーやアーティストによる対談コンテンツ「夜塾」や、各­媒体の編集長が今気になるテーマを紹介するコンテンツ「Design & Art Opinion」を放送。)

 コンセプチュアルな作品を数多く世に送り出してきた日比野が今、原点に返り、なぜ人は絵を描くのか?というプリミティブな疑問を、自分に、社会に投げかけている。日比野克彦さんの個展が、東京では8年ぶりに、秋葉原の3331 Arts Chiyodaで開催されています。メインで展示されている作品は旅先で描いたスケッチなど、もともと人に見せるために描かれていない作品。それを通して「ひとはなぜ絵を描くのか?」というメッセージを投げかけています。

ラスコーの壁画

11757 20111002_Lascaux_Fresque_Interdite_01_OB Altamira cerfs_nageant chauvet970x635 Grand-taureau-noir-de-la-grotte-de-Lascaux---Le-carnet-de-J IMG_6199 Lascaux 2-Le Cerf Lascaux Cave Paintings - horse Lascaux-classique-3 lascaux lascaux9 Lascaux_painting Lascaux_Thot_215 les-dessins-de-la-grotte-chauvet-ici-montres-en-ardeche-lors-d-un-spectacle-son-et-lumiere-datent Montignac-Grotte-de-Lascaux-II-4 Nomada_Altamira1_11g Rhinocéros_grotte_Chauvet SHuXPTCm6sRGz1lkW1uDhBQdd5s

 「1万年前の洞窟の壁画で有名なのはラスコーやアルタミラの洞窟壁画があるわけですが僕も2年ぐらい前かな、サハラ砂漠でスーラとの国境にある岩窟の壁画を見て。それが1万年前。うまいなぁ〜、いいなぁ〜と思う。
これが医学とか科学だったら1万年前の医学、科学と今じゃぜんぜん違う。なのに1万年前の絵と今の絵は変わらない。僕は「人はなぜ絵を描くのか?」と疑問に思うんです。人間は疑問に思うから進化すると思うのね。絵も同じく、なぜ絵を描くんだろう?なんでこんな岩肌に?なんでこんな暗い場所で?なんのために?って思うんだけど、答えが出ないから1万年前と同じ絵を描いているんだと思うんです。進化しない、進化できない。だから絵は面白いのかなと。絵というのは流行り廃りがあったり、ちっちゃな動きを気にしているけど、もっと長い目でみたら食べることとかと同じことなんじゃない?っていうようなメッセージを、展覧会を観た後に味わってもらえるといいかな。

アルタミラの壁画

01 1024_768_1804 32524 20130514_585782 1288583824 1A 20120907015213c1a 20130225171330b04 134126966933013205497_img027 134126972459713205500_img028 altamira arutamia○ chauvet-right Chauvet_Cave EFBC91-30bb2.jpg?c=a0 elcastillo2 img_0004_2 IMG_0534 img_654931_24446331_2 img_837315_13534418_1 LocMap_WH_Altamira_Cave p1000109 replica-altamira-0b993 worldheritage477_2_20120701224612 【完成】VISIT TO NEOCAVE02