黒田 清輝

 黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日(慶応2年6月29日) – 1924年(大正13年)7月15日)は、日本の洋画家、政治家。位階は従三位。勲等は勲二等。爵位は子爵。通称は新太郎(しんたろう)。名の清輝は、本名では「きよてる」と読むが、画名では「せいき」と読む。東京美術学校教授、帝国美術院院長(第2代)、貴族院議員などを歴任した。

1001ueno21311 s0240l 201107282154188e6 201111252035025b3

 1893年に帰朝すると、美術教育者として活躍する。1894年には芳翠の生巧館を譲り受け久米桂一郎と共に洋画研究所天心道場を開設し、印象派の影響を取り入れた外光派と呼ばれる作風を確立させ、1896年には明治美術会から独立する形で白馬会を発足させる。また同年には東京美術学校の西洋画科の発足に際して教員となり、以後の日本洋画の動向を決定付けた。1898年、東京美術学校教授に就任。1910年10月18日には洋画家として最初の帝室技芸員に選ばれ、また帝国美術院院長などを歴任した。1917年には養父の死去により子爵を襲爵する。第5回貴族院子爵議員互選選挙にて当選し、1920年に貴族院議員に就任している。

E9BB92E794B0E6B885E8BC9D_E3839DE38397E383A9E9BB84E89189.jpg?c=a2 img_361751_24928599_0 kuroda2 img_488684_11729126_5

黒田の遺言には、遺産を美術の奨励に役立てるようにと記されていた。この遺志に基づき黒田記念館が建設され、館内には遺作を展示する黒田記念室が設けられるとともに、帝国美術院附属美術研究所が同館に設置された。その後、帝国美術院附属美術研究所は、東京文化財研究所に改組された。2007年より、国立文化財機構が運営する東京国立博物館によって管理されている。

171-1 171-2 b001 b002 b003 b004 b005 b006 b007 b008 b009 b010 b011 b012 b013 b014 b015 b016 b017 b021 b024 b026 b032 b038 b039 b040 b041 b052 b055 b056 b058 b062 b063 b064 b067 b068 b078 b079-01 b079-02 b080-01 b081-01 b081-02 b082-01 b082-02 b083-01 b083-02 b084-01 b084-02 b095 img_361751_24928599_1 kbi_art_no043_01 nozomi3art-img450x600-1352087784gfemww14316 nozomi3art-img450x600-1352087784gqcdsq14316 o0712040010218952115 photo sketch5