クールベ

 ギュスターヴ・クールベ(クルベ) (Gustave Courbet[1], 1819年6月10日 – 1877年12月31日) は、フランスの写実主義の画家。

 今ではクールベの代表作とされている、大作『オルナンの埋葬』も、発表当時の評判はさんざんであった。この絵にクールベが付けた題名は『オルナンの埋葬に関する歴史画』というものだった。当時のフランスの人々にとって「歴史画」とは、古代の神々、殉教者、英雄、帝王などを理想化された姿で描いた格調高い絵画のことであった。これに対し、オルナンという、山奥の田舎町の葬式に集まった名もない人々という主題を、まるで歴史上の大事件のように扱い、このような巨大な画面(縦約3.1メートル、横約6.6メートル)に表して「歴史画」と称するのは当時としては常識はずれのことだった。

 もう一つの代表作『画家のアトリエ』も大作である(縦約3.6メートル、横約6メートル)。この作品には「私のアトリエの内部、わが7年間の芸術的な生涯を要約する現実的寓意」という長い副題が付せられている。「寓意画」とは、たとえば「愛」「真実」「信仰」「死」のような目に見えないもの、形のないものを擬人化したり、静物画で表したりする、西洋絵画の伝統的な主題の一つであるが、クールベは、アトリエで制作する自分自身の姿と、周囲に集まる30人ほどの人々を描写したこの絵を「寓意」だと言っている。画中に描かれた人物たちは、全員が何らかの「寓意」を表しているとされ、知人で作家のシャンフルーリに出した手紙でこう説明されている。

1P 7c2d591e62c83a3057c7d11e41baa5e4 2013-07-01-Portrait2 48294-large 1427669 1427690 courb501 courb502 courb503 courb505 courb504 courbet cat courbet-port-170 d5047399x DT3251 gericault_meduse00 GR167 - Jean-François Millet - 1814-1875 - Woman Carding Wool - ca 1855 GR169 - Jean-François Millet - 1814-1875 - Going to Work - 1863 gustave-courbet-1819-1877-french-everett Gustave-Courbet-The-Wave-3- Gustave_Courbet_-_Courbet_in_his_Cell_at_Sainte-Pélagie_-_WGA05526 Gustave_Courbet_-_Seated_Young_Man_-_WGA05522 Gustave_Courbet_-_Self-Portrait_-_WGA05525 Gustave_Courbet_-_Study_-_WGA5524 Gustave_Courbet_-_Waves_-_Google_Art_Project Gustave_Courbet_040 gustave_courbet____the_desperate_man_____charcoal_by_iamjamesd-d6p1bus gustave_courbet_by_the_ubermensh-d4iijyn head3i head4k IMG_9204sm IMGP2767edit1 Jean François Millet  bineyard Jeune_modèle_au_repos_Courbet-170 juliette kemurihaku-junomaru1854 Millet J.F.Millet, Muedigkeit -  - J.F.Millet, Fatigue realism_courbet2 riwelin-ugoki1853 sketchbook04-p64 Wounded_Manc1867