セガンティーニ

 ジョヴァンニ・セガンティーニ(Giovanni Segantini、1858年1月15日 – 1899年9月28日)は、イタリアの画家。アルプスの風景などを題材とした絵画を残し、アルプスの画家[1][2]として知られている。一方で『悪しき母達』など神秘的、退廃的な作品を残したことから、作風は世紀末芸術とされることもある。

 セガンティーニは、これまでにない画法でアルプスの風景画を描き、芸術界を驚かせた。アルプスのような高山は空気がうすく、描く対象となるものの輪郭が明瞭であるため、ヨーロッパの平地の風景などを描くのに用いられてきた、風景を単純化して描く印象派風の技法では、高山の風景を描写することが困難であった。そのため、セガンティーニ以前に高山を描いて成功したものはなかった。セガンティーニは印象派の技法を取り入れつつ、澄んだ空気によって明瞭に見える細部を省略せずに描いた。そのため、山岳の構成などは極めて精緻に描かれている一方、絵全体の眺めには統一性がある。

 晩年には象徴主義的な作品を制作するようになったが、セガンティーニのスタイルや主題が急に変化したわけではなく、初期の作品にあった特徴が現れていると指摘されている。また一貫した作品の特徴として、自らの母を幼い時に失ったことに起因する、神聖な『母愛』が指摘される。母親は「良い母」として描かれることもある一方、「悪い母」として表現されることもあった。前者の作品としては『二つの母』、後者の作品としては『悪しき母達』などが挙げられる。また、アルプスの農民の悲哀に触れたことによって、作品に『哀愁』が表現されるようになったとも指摘されている。

 セガンティーニの作品は、度々ミレーと比較されることがある。しかしセガンティーニがミレーの作品に影響を受けたわけではなく、二人が同じ田舎の農民として暮らしたということに起因する類似であるとされる。

zreturn windyday Strickendes_Mädchen_1888 size1 segantini_ritorno_l_0 Segantini_Life Segantini_Coro_di_St.Antonio segantini_bunderin_am_brunnen_1887.jpg Segantini_1890 Segantini_1882 Segantini-mezzogiorno-nelle-Alpi segantini-giovanni-1858-1899-i-studio-figura-di-una-donna-2583017 segantini-giovanni-1858-1899-i-ritratto-di-donna-1900774 segantini-giovanni-1858-1899-i-nudo-maschile-in-ginocchio-1900781 ploughin normal_ger-Giovanni.Segantini-TheAngelOfLife nonukes-ibaraki-2014-02-01T05_12_36-1 Mittag_in_den_Alpen lUcY8SVJz3DT129934843672P4882 Giovanni_Segantini_Eroe_Morto_c1878 Giovanni_Segantini_003 Giovanni_Segantini_002 Giovanni-Segantini-Mezzogiorno-sulle-Alpi Giovanni-Segantini-La-Spina genova_7_0001 Ave_Maria_bei_der_Überfahrt_1886 Alpine-Pasture a-girl-knitting-giovanni-segantini 8353595968_6b3d8af693_h 5533704678_196f129c90_o 4636913_orig 23149 19165-0001-1 800px-Giovanni_Segantini_002 81OP1030AU85