尾形 光琳

 尾形 光琳(おがた こうりん、万治元年(1658年) – 享保元年6月2日(1716年7月20日))は、江戸時代の画家。工芸家。

 尾形光琳は、後代に「琳派」と呼ばれる装飾的大画面を得意とした画派を生み出した始祖であり、江戸時代中期を代表する画家のひとりである。主に京都の富裕な町衆を顧客とし、王朝時代の古典を学びつつ、明快で装飾的な作品を残した。その非凡な意匠感覚は「光琳模様」という言葉を生み、現代に至るまで日本の絵画、工芸、意匠などに与えた影響は大きい。画風は大和絵風を基調にしつつ、晩年には水墨画の作品もある。大画面の屏風のほか、香包、扇面、団扇などの  光琳は30歳代前半に浩臨と改名。「光琳」の名が史料上確認できるのは35歳の(1692年)が初見である。44歳の元禄14年(1701年)には法橋の位を得ている(「法橋(ほっきょう)」は本来は高僧に与えられる僧位のひとつだが、後に絵師、仏師などにも与えられるようになった)。光琳の作品には制作年代を確定できるものは少ないが、多くの作品に「法橋光琳」の落款が見られることから、彼が本格的な絵画を制作したのは法橋位を得た44歳以後59歳で没するまでの十数年間だと推定されている。光琳の代表作のひとつ『燕子花図』(かきつばた ず)屏風は、彼の作品中、比較的初期ものとされている。この屏風には「法橋光琳」の落款があるが、「法橋」の2字は別人による書き入れとする説が有力で、この説にしたがえば、『燕子花図』は光琳の法橋位受領以前の作品となる。

 光琳は公家、大名、役人など、多くのパトロンをもっていた。五摂家のひとつ、二条家の当主で摂政・関白を務めた二条綱平の屋敷にはたびたび出入りしていることが記録からわかり、前述の法橋位が与えられたのも、綱平の推挙によるところが大きかったと推測されている。また、京都の銀座(貨幣鋳造所)の役人で裕福であった中村内蔵助 (1669–1730) とも親交があり、光琳は内蔵助の肖像画(現存、大和文華館収蔵)を描いている。光琳は中村内蔵助の娘を引き取って数年間養育し、その娘は後に光琳の息子と結婚するなど、光琳と内蔵助の関係は単なるパトロン、援助者という以上のものがあったようである。紅白梅図屏風の性的な解釈で有名な小林太市郎は、「光琳と乾山」(『世界の人間像』第7巻、角川書店)の中で、「内蔵助が光琳の愛人たることは毫もうたがう余地がない」と断定的に推測した。
光琳は江戸詰となった中村内蔵助を頼り、宝永元年 (1704) 頃、江戸へ下った。この頃の光琳は相変わらず経済的には貧窮していたようである。江戸では姫路藩主酒井家から扶持を得、また、津軽家や豪商の三井家、住友家、冬木家(江戸深川の豪商)などともつながりがあった。現存する「冬木小袖」(東京国立博物館収蔵)は、光琳が手描きで秋草文様を描いた小袖で、冬木家に伝来したものであり、『紅白梅図』屏風(MOA美術館収蔵)は津軽家に伝来したものである。

光琳は5年ほど江戸に滞在した後、宝永6年 (1709) に京都へ戻っている。正徳元年 (1711) には京都の新町通り二条下ル(二条城の東方)に新居を構え、ここで制作した。この屋敷については建築当時の図面等の資料が残されており、静岡県熱海市のMOA美術館構内に「光琳屋敷」として復元されている。光琳の代表作のひとつである『紅白梅図』屏風は晩年の作とされ、この屋敷の2階の画室で描かれたと推定される。

死の3年前の正徳3年 (1713) には、長男の寿市郎に宛てて今日の遺言書に相当する書を書いているが、その文中に光琳は「相究タル家業モ之レ無ク」と書いている。このことから、光琳が画業を「家業」と見なしておらず、しっかりした家業がないため、息子の寿市郎を他家へ養子に出す決心をしたことがわかる。

余談

光琳の絵に潜む奇妙な人模様

 梅の木が二本。間に水が流れている。単純明快な構図。しかし人はその中に、
さまざまなものを見る。それがこの絵の魔力。梅の木は、植物としては人間くさいほうである。熱海市のMOA美術館にある梅林を歩いていて、思わず笑ってしまった。梅の木がみんな、見えを切っているように見えたからだ。幹のひねり具合といい、枝の張り具合といい、尾形光琳の「紅白梅図屏風(びょうぶ)」の梅をまねしているみたいだった。梅林は相模灘を南に望む急な山腹に位置し、日当たりがとてもよい。東日本ではいち早く開花するそうで、メジロらしい鳥がしきりに花をついばんでいた。

「紅白梅図屏風」を見る人は、とりわけ注意深い鑑賞者でなくても、そこに描かれた梅の木に、人間くささを感じとるに違いない。右側の紅梅の幹は、発達した筋肉で踏んばる仁王の足を連想させる。太い枝は勝ち誇って胸をたたく腕のようだ。左側の白梅には、遠慮がちに見せながら我を通す老練さがうかがえる。そんな印象を与えるので、紅梅は若木で白梅は老木とされている。

 この構図に、人間くささだけでなく、人間そのもの、実在した人間とこみ入った人間関係を発見した人がいた。戦中から戦後にかけ、雄大な構想で多くの著作を発表した故小林太市郎・神戸大学教授である。小林教授によれば、左の白梅は尾形光琳その人。右の紅梅は、中村内蔵助という11歳年下の若い友人。代々銀貨鋳造を請け負う京都の裕福な銀座商人で、光琳を経済的に支援し続けた人物である。

 教授の目の非凡なところは、画面の中に第3の人物を見いだしたことだ。2本の梅の木の間をゆく水流に女性の豊満な肉体を見たのである。その女性も特定されている。「さん」という名で、光琳の使用人だったが、愛人としてその子どもを産んでもいる。さらに教授の非凡な点は、「さん」が同時に中村内蔵助の愛人でもあったと断定したことだった。つまり、国宝「紅白梅図屏風」は、3人の背徳的な人間関係を描いていることになる。

 この着想を得た瞬間、「先生の白い肌がみるみるピンク色に変わっていってね。立つ寸前の力士みたいだった」というのは、1950年代、教授の下で神戸大助教授を務めた山根有三・東京大学名誉教授(80)である。山根さんが、「紅白梅図屏風」と俵屋宗達の「風神雷神図屏風」とを比較しながら、中央の空間の扱いの相違を論じているとき、突然、小林教授の大脳に、3人の男女の映像が出現したのだった。山根さんは東京大学に転じたのち、光琳の研究を精力的に進め、その第一人者となった。