あかりの世界

文:  布施英利より

 わが家に〈あかり〉の部屋がある。住んでいるのは、湯河原温泉の外れにある廃業になった旅館だ。廃墟と化していたこの家に、引っ越してきた。ひどい部屋の床には、キノコが生えていた。そんな部屋の壁や床を剥がし、新しい板を張る。人生は終わることのないリフォームの日々。それがぼくの暮らしだ。

 この家の4階に、元宴会場がある。和風の内装で、いちおうステージもある。ここは比較的、痛みが少なかった。応接間として使っている。25畳ほどの部屋だが、ここにイサム・ノグチの〈あかり〉を数点、置いてある。照明としても使っているが、美術品でもある。自分としては、個人ギャラリー気分である。

isamu128 isamu76

〈あかり〉は、少しずつ買い足している。新しい〈あかり〉を買ってくると、平べったい箱から出す。折り畳んだ和服のように、コンパクトな平面だ。これをばらばらと伸ばす。すると突然、三次元の空間が現れる。ぽくはこの瞬間が好きだ。彫刻の誕生に立ち会っている気分になる。イサム・ノグチは石の彫刻家だ。香川県牟礼のイサム・ノグチ庭園美術館にあるのも、そのほとんどが石の作品だ。石の造形と明かりの立体造形に共通点が見られる。この美術館の庭に立つと、ぽくはなぜか奈良の古寺を思い出す。薬師寺や法隆寺、そういう伽藍の寺だ。奈良の古寺は、砂利が敷かれ、ガランとしている。その乾いた感じが、イサム・ノグチ庭園美術館と似ている。しかしイサム・ノブチ庭園美術館に仏像はない。とはいえ、「本堂」ともいえるアトリエも、また奈良の古寺の趣を湛えている。20世紀に寺をつくったら、こうなるのではないか。イサム・ノグチ庭園美術館は、そんなことを思わせる。たとえば≪エナジー・ヴォイド〉という巨大な作品がある。円環というか、それが四角ぽく歪んだというか、数字のゼロみたいというか、そんな形をしている。美術館の展示品だから手を触れられない。この円環の中を潜り抜けることも禁じられている。そうなると、かえって潜りたくなる。しかし、できない。もどかしい。この彫刻をくぐったら何があるのか。もちろん、ただの向こう側であるが、そこを通れないがゆえに、まるで向こうには別の宇宙があるように感じられてくる。ドラえもんの「どこでもドア」の前に立ったような気分である。 この「宇宙」と向き合っているような感覚が、奈良の古寺で感じる何かと似ているのだ。 さて〈あかり〉であるが、これは単なる照明器具である。安価だ。ものによっては数千円で手に入る。しかしこの〈あかり〉がつくる形態や場の空気も、イサム・ノグチの傑作≪エナジー・ヴォイド〉と無縁のものではない。

 isamu29 isamu16

エナジーボイド

 わが家に、気軽に、本物の彫刻を。そんな美術のある暮らしを実現してくれるのが〈あかり〉だ。 〈あかり〉は、光の彫刻だ。紙と、細い竹がつくる形態が、内側からの光を受けて、輝く。光は、昔から美術の重要な素材だった。レンブラント光線や、印象派の外光。そういう絵の中の光だけでなく、光それ自身が美を造形してきた。たとえば中世ゴシックのステンドグラス。教会の闇にみちた建物の中に、ステンドグラスの色彩が輝く。その光は、宇宙の真理や神の啓示そのものを表している。また、青森のねぶた。夏の夜に輝く色鮮やかなねぶたは、「日本のステンドグラス」かもしれない。

isamu64 isamu36

 イサム・ノグチの〈あかり〉は、石の彫刻とちがって軽やかだ。それは光そのものの彫刻だからでもあるし、紙や竹という軽量の素材からできていることにもよる。〈あかり〉は、天井からぶら下がるものや、足のついたものがある。とくに〈スタンド〉シリーズの足は、昆虫の足を連想させたりもする。昆虫は、体が小さく軽いので、重力の支配をうけない。だから、あんな細い足でも体を支えることができる。光と、細い足の〈あかり〉は、そして天井からぶらさがる〈あかり〉は、そんな重力の束縛からの自由を感じさせる。浮遊感がある。

 ぼくは、そこに石の彫刻とはちがう、〈あかり〉ならではの美学を思う。 〈あかり〉は、提灯のような基本形をしているから、上と下が開いている。つまり「筒」の形態をしている。これが、まるで海の中の、原始的な生命体のような連想を誘うナマコ、ゴカイ、ホヤ。そういう無脊椎動物を連想させる。それは生命進化の上で、あらゆる生物の母ともいえる存在だ。つまり海の中で誕生した生命は、何億年ものあいだ、こういう「1本の筒」の形で生き続けてきた。

 じつは人間の体の基本形というのも、この「1本の筒」である。口から始まり、胃や十二指腸や小腸・大腸をへて肛門にいたる、1本の管だ。いわば人体には、数億年という単位の「生命の記憶」が、1本の管として、体のなかに秘められているのである。海は、人の中にもある。

 軽やかで、ときに浮遊する、光の彫刻。まるで海の中の生命体のような〈あかり〉。それは、たんなる照明や工芸品ではなく、人の心の奥深くをゆさぶる力をもっている。〈あかり〉は、20世紀のモダンであり、同時に古寺の記憶、さらには生命の記憶にさえもつらなる深さがある。 〈あかり〉のある部屋で、ぼくは実に酔い、宇宙を瞑想する。

布施英利(ふせ・ひでと)1960年生まれ。美術評論案。東京芸術大学助教授(美術書)。「自然の中の絵画教室」(紀伊宮尾書店)、「ダ・ヴインチ博士海にもぐる」(日本放送出版教会)、「死体を探せ!」(角川ソフィア文庫)、「新編 脳の中の美術館」(ちくま学芸文書)など。

2 Responses to あかりの世界

  1. ru-chan のコメント:

    こんにちは。
    パワハラ指切断でおなじみのド屑県香川のド屑企業フジフーヅでございます。
    裁判も会社ぐるみで偽証をして無事乗り切ったド屑でございます。
    餃子シュウマイなどをスーパーで販売しております。
    店頭で見かけましたらそのときはご購入のほどどうかよろしくお願い致します。

  2. 桑田成海 のコメント:

    シクトクガルスレガルちゃんの姓名判断士、市木由み華先生と毒島あぐり先生とネットアイドルのなるみんこと桑田成海は神。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。