0.巨匠パウル・クレーとその生涯

パウル・クレー協会より参照

 巨匠パウル・クレーとその生涯パウル・クレーは、1879年12月18日、スイスの首都ベルン郊外にあるミュンヘンブーフゼーという小さな町に生まれました。父親はドイツ国籍の音楽教師で、当時、ベルンの教員養成学校で教えていました。母親はフランス出身の声楽家で、クレーには三つ年上の姉がいました。家族はクレーが1歳の誕生日を迎えるころベルン市内に移住し、高等学校を卒業するまで、クレーはこの美しい中世都市で過ごします。幼い頃から絵を描くことに熱心だったクレーは、母方の祖母から最初の絵の手ほどきを受けたといわれています。また、小学校入学と同時にクレーはヴァイオリンを習いはじめ、めきめき腕を上げて、11歳の時にはベルンのオーケストラ・メンバーになるほどでした。クレーは画家になったあとも、生涯、ヴァイオリンを弾き続けます。

paul514

 1898年、高校卒業と同時にドイツのミュンヘンに出たクレーは、同地の美術学校への入学をめざして、画家クニールの塾に通い始めます。翌年、彼は美術学校への入学を果たしますが、在学期間は短く、ベルンに戻り、半年間ものイタリア旅行に旅立ちます。ミュンヘンにいたころ、ある家庭音楽会で共演したピアニストのリリー・シュトゥンプフと秘密の婚約を交わし、1906年になって、リリーとの結婚を機にクレーはふたたびミュンヘンで暮らすようになりました。翌1907年には息子のフェリックスが誕生します。

paul570 paul619

 リリーのピアノ教師としての収入で家計をまかないながら、クレーは家事の大半を
引きうけ、画家としての道を歩みはじめ
ますが、1914年、友人の画家二人と共に
北アフリカ・チュニジアへ旅行、この時期を境に、クレー
の絵画は大きな発展を遂げていきます。しかし1914年は、第一次世界
大戦が始まった年でもあり、大戦でクレーは親しい友人たちを失います。クレー自身
もやがて従軍し、幸いにも前線へは送られなかったため、彼は兵舎で絵を描き続けます。大戦中、彼はドイツ各地で作品を発表し、クレーの名は徐々に知られるようになりました。

paul53

 リリーのピアノ教師としての収入で家計をまかないながら、クレーは家事の大半を
引きうけ、画家としての道を歩みはじめ
ますが、1914年、友人の画家二人と共に
北アフリカ・チュニジアへ旅行、この時期を境に、クレー
の絵画は大きな発展を遂げていきます。しかし1914年は、第一次世界
大戦が始まった年でもあり、大戦でクレーは親しい友人たちを失います。クレー自身
もやがて従軍し、幸いにも前線へは送られなかったため、彼は兵舎で絵を描き続けます。大戦中、彼はドイツ各地で作品を発表し、クレーの名は徐々に知られるようになりました。

 第一次大戦後のドイツに設立された総合造形学校バウハウスは、クレーを指導者の一人として招き、最も実り豊かなクレーのバウハウス時代が始まります。当初ヴァイマールに開校したバウハウスは、政治的な理由でやがてデッサウへと移転しますが、バウハウスの教壇に立ってちょうど10年を経た1930年、クレーは同校を退職する決心をし、続いてデュッセルドルフ美術学校の教授として迎えられます。しかし1933年には、アドルフ・ヒトラーがドイツの政権を掌握、自身画家志望であったヒトラーは、ドイツの前衛画家たちに弾圧を加えます。リリーの強い勧めもあって、ついに同年暮れ、クレー夫妻はスイスへと亡命。生まれ故郷ベルンに逃れたクレーは、厳しい晩年を送ることになります。ドイツ国内の銀行預金は凍結されたままで、経済的に困難が生じていた上に、やがて、クレーに不可解な病気の症状が現れ、皮膚硬化症と診断された病は、1940年、60歳のクレーの命を奪うことになりました。しかしベルンでの不便な暮らしと、病魔との戦いのなかにあって、クレーは最期の時まで創作に専念し、ドイツ時代には描かれなかった大作の多くや、おびただしい数のデッサンを遺しています。(有名な天使シリーズもこの時期に描かれました)スイス国籍を取得できないまま、ドイツ人として亡くなったクレーは、ベルン市のショスハルデン墓地に葬られ、隣接するシェーングリュンの丘には、いま、6千点あまりの彼の作品を収蔵する「パウル・クレー・センター」が建てられています。

paul87 paul88 paul641