Zbynek Sekal(ズビネック・セカール)

 Zbynek Sekal(* 7月12日 、1923年 プラハ – 2月24日 、1998年 ウィーンでは )チェコの彫刻家、画家、翻訳者だった。年間1934-1941年、彼は本当の体育館やビジネスアカデミーを研究して、簡単に出版トピックでインターンとして働いていた。 1941年には、違法な共産主義青年グループの動作にゲシュタポに逮捕され投獄された。Pankraciにテレジエンシュタッとマウトハウゼン強制収容所 。

fsekal sekal sekalz Zbyn-k-Sekal-1994-(099-A)

 1945年に彼はに入院した芸術アカデミーのスタジオで教授。  天国の数回は、ギャラリーマーグの国際シュルレアリスム展を訪れた。 強く彼に戦争の思い出とキャンプと(ホワイエドゥアール·ブリュット中?)primitivizující絵J·デュビュッフェとヒリヒリインストールを訴えた。 彼はプラハでの展覧会のために絵を準備していることが話題。1950年には、政治の状態検査を受けることを避けるために卒業証書なしで学校を去った。

 1951- 1953彼は、政治文学出版社の文学編集者としての広報責任者として採用された、冬1952年から1953年に兵役を完了した。次の年の間に1958年までは一人で住んでいた。ドイツ人とアートディレクターから翻訳者として働いていました。  モスクワとレニングラード(1959)を旅し、1961年にワルシャワとグダニスクへ。

Zbyn-k_Sekal,_Bez_n-zvu_(Schr-nka),_80._l-ta,_soukrom-_sb-rka Zbyn-k_Sekal,_Konec_lesa,_1960-65,_GHMP Zbyn-k_Sekal,_Pevn-_zaklesnuto,_1967 Zbyn-k-Sekal,-Bez-n-zvu,-m---(60.-l-ta),-soukr.-sb-rkaZbyn-k-Sekal,--dy,-bronz-(1962),-Oblastn--galerie-v-Liberci Zbyn-k-Sekal,-Figura-(bronz),-konec-50.-let,-N-rodn--galerie-v-Praze Zbyn-k-Sekal,-Obydl--I-(patinovan--c-n),-1958,-N-rodn--galerie-v-Praze Zbyn-k-Sekal,-Stoj-c--figura-(s-dra),-60.-l-ta,-N-rodn--galerie-v-Praze, sekal_zbynek-bez_n-zvu~OM6fa300~10048_20120607_1008_43 sekal2 sekal_zbynek-senza_titolo~OM3c1300~10460_20090509_680_337 Pan--ek_modr-_kv-t,_1957,_soukrom-_sb-rka

60年代に、彼は彫刻シンポジウムに参加した(1964、1965)、1968年、彼は、最初移住し、ベルリン 、 デュッセルドルフ 、最終的に1970年に彼は定住ウィーン 。 プラハで彼は唯一の部分は1983年に移住する許可を受けた。彼の息子に数十の彫刻を残していた。1972-1974は、彼がアカデミーデア芸術大学で教えた(シュトゥットガルト) 1974年から80年代初期彼はウィーン分離派のメンバーだった。

 オーストリアでは、彫刻が1984年にウィーン市の受賞。 1989年以降、彼の作品は、ブルノ、オパヴァとブラチスラヴァ(1992から1993年)に徐々に展示された、大規模回顧展市立美術館プラハ市立図書館 で開催(1997年)。プラハ展の準備の際に1996年7月における肺の手術を受けなければならなかった。 彼は1998年2月24日にウィーンで亡くなった 。

作品について

496995265 d_39929__0001 2760115--z-vystavy-zbynka-sekala-skladane-obrazy-a-schranky--1-950x0p0 2760123--z-vystavy-zbynka-sekala-skladane-obrazy-a-schranky--1-950x0p0 IMG_9622 middle_b03383ccef8c7e973bf43fd3320effaf95d36d25o0260040010836846835 thumb_sekal-monografie

 キュービズムに影響を受け、表現主義は 、戦争中に1940年から1941年に、彼の投獄の間に浮上した。 彼は1945 – 1950、形状を扱ったが、非伝統的な技法を用いた実験シュールレアリスト 、特にコラージュやフロッタージュは 、資料作成の彼の後に興味をそそる。自画像は、表現力や想像力からさまざまなバリエーションを試して、自分自身のパーソナリティを表現する。 彼の最初の戦後絵画の嘆きのテーマの一つは、絞首刑にされ、後に静物画、鳥、制服を着た兵士の似顔絵スケッチ、戦争最後の冷たい人間味回想を表現する。

 彼の最初の彫刻は、彼が単純化されたモデリングをテストしている緑青石膏(女の子の頭、1957、バスト、1957)、中のヘッドとバストの研究である。キュービズム(ケンタウロスとレディー、1956)と想像力のインスピレーション(青い花、1957年、1957年の姿を保有する)を扱っているいくつかの彫刻を作成しました。 シンボルは 、(鳥、1957年)の彫刻であるが、特に(頭1957年)、戦争の苦しみを想起させる二つの示唆的な彫刻がある。根本的処理し、別の形で再び新しいメッセージ(住居、1958、1959)、との内容の彫刻のシリーズを作成した 。

sekal_zbynek-senza_titolo~OM3c1300~10460_20090509_680_337 sekal1 IMG_9585 d_39929__0001

 60年彫像(拷問、1963)の表面構造に、プラスチック製のボリューム(PES 1963)に重点を置いて、時々、進歩的な変形やフォームの簡素化を開発しています。 抽象的アイデアの形状のUが抑制され、次の質量はレリーフ(宿舎、1963、タイトルなし、1966)平面表現に重要な役割を果たしている。

 彫刻、レリーフやシュールレアリズムに関連するボックスを開始。 知的コンポーネント、空間的な関係を模索し、最終的に彼の仕事のプロセスを決定する(1967)プラハに移住した後、テーマ別の仕事に構築しようとした。 木製レリーフ、動物をモチーフにしたカラー図面を補完する最近のプリントと、新鮮な花のオブジェクトやイベント(1977年)の痕跡が登場する。 彼は(1977年)危機を超えて苦しんでいるキリスト教のテーマの絵画のシリーズを作成した。 彼の仕事の非常に個人的イメージのオブジェクトである。 彼の入れ墨番号で強制収容所での懲役のトラウマに対処する簡単な算術演算17×13 = 221、Z番号1991)に変換される。

00sekal 2760115--z-vystavy-zbynka-sekala-skladane-obrazy-a-schranky--1-950x0p0 2760123--z-vystavy-zbynka-sekala-skladane-obrazy-a-schranky--1-950x0p0 496995265 d_39929__0001 d_39933__0001 d_39936__0001 fsekal IMG_9566 IMG_9568 IMG_9570 IMG_9574 IMG_9579 IMG_9581 IMG_9585 IMG_9587 IMG_9603 IMG_9617 IMG_9622 IMG_9626_1 middle_b03383ccef8c7e973bf43fd3320effaf95d36d25 o0260040010836846835 o0400026510836842666 o0400026510836846836 Pan--ek_modr-_kv-t,_1957,_soukrom-_sb-rka sekal sekal1 sekal2 sekal_zbynek-bez_n-zvu~OM6fa300~10048_20120607_1008_43 sekal_zbynek-senza_titolo~OM3c1300~10460_20090509_680_337 sekal_zbynek-three_graces~OM4eb300~10509_20131123_30S131123_118 sekal_zbynek-traffic~OM1d5300~10509_20131123_30S131123_122 sekal_zbynek-untitled~OM668300~10048_20070128_131_222 sekalz thumb_sekal-monografie Zbyn-k-Sekal,--dy,-bronz-(1962),-Oblastn--galerie-v-Liberci Zbyn-k-Sekal,-Bez-n-zvu,-m---(60.-l-ta),-soukr.-sb-rka Zbyn-k-Sekal,-Figura-(bronz),-konec-50.-let,-N-rodn--galerie-v-Praze Zbyn-k-Sekal,-Obydl--I-(patinovan--c-n),-1958,-N-rodn--galerie-v-Praze Zbyn-k-Sekal,-Pluh-(patinovan--s-dra),-1962,-N-rodn--galerie-v-Praze Zbyn-k-Sekal,-Stoj-c--figura-(s-dra),-60.-l-ta,-N-rodn--galerie-v-Praze, Zbyn-k-Sekal-1994-(099-A) Zbyn-k_Sekal,_Bez_n-zvu_(Schr-nka),_80._l-ta,_soukrom-_sb-rka Zbyn-k_Sekal,_Konec_lesa,_1960-65,_GHMP Zbyn-k_Sekal,_Pevn-_zaklesnuto,_1967 zbynek_sekal_topicuv_salon_7 zbynek_sekal_topicuv_salon_8 zeithammel ピクチャ-1 ピクチャ-2 ピクチャ-3 ピクチャ-4 ピクチャ-5 ピクチャ-6 ピクチャ-7 ピクチャ-8

資料

 2月2日、東京の松濤のギャラリーTOMでのズビネック・セカール展で、セカールが大好きな3人の方のお話を聞きました。セカールはチェコのプラハ生ま れ。ナチスにより4年間マントハウゼンンの収容所にいれられ、1969年にはウィーンに亡命。祖国に帰ることなく1998年ウィーンにて亡くなった彫刻 家。お話をされたのは染色作家でもと女子美術大学の学長もされ、絵本も描かれている柚木沙弥郎(ゆのき・さみろう)さん、世界的なパッケージデザイナーの 鹿目尚志(かのめたかし)さん、神奈川県立近代美術館館長の水沢勉さん。私は柚木さん、鹿目さんのおふたりの、魅力的で常に新しい作品とお人柄が大好き で、おあいするたびになんて素敵、と感動します。

 柚木さんは92歳というご高齢ながら、じつに明晰な、じつに真実味のあることばで、セカールを語られました。80代になってセカールを初めて見たときの衝 撃、そのあと、ご自分の作品も変わられたこと、セカールの彫刻は、形をつくるのではなく、姿をつくっている。姿というのはナイフやテーブルウェアのような 雑貨に見る代々がつくってきた姿と接点のあるもので、その頂点にセカールの彫刻がある。セカールの作品の、いさぎよさ、最後にその姿で放られたものがそこ にある、清冽さ、実在の重さを思う。それでいていさぎよい明るさがある。自分もそういう明るさにあずかるものだが、できたものを放るようにして実在させ て、いさぎよく逝きたいものだ、と語られました。セカールのさりげない風情でいて凛とした、そぎおとされた味わいのある彫刻が、静かにあたたかく、柚木さ んのことばの中で、たちのぼってきました。

 鹿目さんは87歳。柚木さんのお隣で、少年のように初々しく柚木さんのことばに感動しておられました。鹿目さんもやはりセカールに深く魅せられ、苦しい閉 じ込められた生活、亡命の生活の中で、魂のうながしによってのみ生み出された彫刻の、線のやさしさ、無垢なたたずまいに心動かされたと語られました。