フリーダ・カーロ

 マグダレーナ・カルメン・フリーダ・カーロ・イ・カルデロン(Magdalena Carmen Frida Kahlo y Calderón、1907年7月6日 – 1954年7月13日)は、メキシコの画家。インディヘニスモの代表的美術作家。 メキシコの現代絵画を代表する画家であり、民族芸術の第一人者としても数えられる。

Block_Kahlo_Rivera_1932_cropped frida1 Frida-Kahlo FridaInTraction Frida_Kahlo_Diego_Rivera_1932 Guillermo_Kahlo_-_Frida_Kahlo,_June_15,_1919_-_Google_Art_Project FridaWithJuanFarill nytfrida

 1925年9月17日、通学に使用していたバスが路面電車と衝突し、多数の死傷者が出る事故が発生した。 フリーダも生死の境を彷徨う重傷で、3ヶ月の間ベッドの上での生活を余儀なくされ、その後も事故の後遺症で背中や右足の痛みに度々悩まされるようになった。 痛みと病院での退屈な生活を紛らわせるために本格的な絵を描くようになったという。 フリーダの事故により、アレハンドロとの仲は自然消滅のように破綻し、その孤独感はフリーダを絵画へさらにのめり込ませる一因にもなった。 1926年から1928年の間にフリーダは十数枚の作品を制作している。

Frida_Kahlo_(self_portrait) frida-kahlo-self-portrait-with-monkeys autorretratotrenza_frida_kahlo1941 4308931246_274ca9cc40_o

 通常の生活が送れる程度に回復した1928年、フリーダは知識人や芸術家の集う活動サークルに参加し、メキシコ共産党へ入党する。 そこで写真家ティナ・モドッティの紹介で画家ディエゴ・リベラと出会った。 リベラの絵に感嘆したフリーダは闘病時代に描いた自分の作品を見せ、リベラに意見を求めた。 リベラは後にこの時の出来事を「カンバスにはものすごい表現力が示されていた」と語っており、フリーダの感性に大きな感銘を受けた。 これを契機に二人の仲は急速に接近し、1929年8月21日、フリーダは21歳年上のリベラと結婚した。 年の差やリベラの外見上の印象から、フリーダの両親からはあまり祝福されなかった。 二人は最初メキシコシティ中心部にあるアパートを借りて住んでいたが、リベラにコルテス宮殿(英語版)の壁画作成の仕事が入ったため、同年にクエルナバカ市へと移っている。 翌年11月、リベラに今度はカリフォルニア美術学校(現サンフランシスコ芸術大学)から壁画作成の依頼があり、サンフランシスコへと居を移した。 その後も仕事の都合でニューヨーク、デトロイトなどを転々とした。 リベラのこうした無節操な仕事の選び方はメキシコ共産党の反感を買い、1929年に党員資格を剥奪された。 この時、フリーダもあわせて離党手続きを行っている。

 1930年にフリーダは妊娠したが、事故の影響で骨盤や子宮に損傷を受けていたことから流産となった。 1932年、1934年にも流産している。 これら出来事は彼女に深い影を落とし、その後の作品に大きな影響を与えることとなった。 1933年12月、メキシコに戻った二人は、知人の建築家ファン・オゴールマンに頼んでメキシコシティの南郊外サン・アンヘルに家を建てて貰い、そこに落ち着くこととなった。

Flower-of-Life-Flame-Flower-1943-by-Frida-Kahlo Frida-Kahlo-959282  frida-kahlo-sin-esperanza My-Birth-1932-by-Frida-Kahlo

絶望と成功

 1935年、リベラが妹のクリスティナと関係を持ったことにショックを受けたフリーダは、サン・アンヘルの家を出てメキシコシティ中心街に居を移した。 この年に発表した『ちょっとした刺し傷』はフリーダの心理状況をつぶさに反映している。 同年の終わりごろにはサン・アンヘルの家に戻ったが、フリーダはリベラへのあてつけのようにアメリカ人彫刻家イサム・ノグチと関係を持った。

 1936年7月にスペインで内戦が勃発するとフリーダは共和国側を支援するために同調者を募り、連帯委員会を創設して政治活動に再びのめり込むようになった。 同年、ノルウェーがモスクワの外圧によって追放した革命家レオ・トロツキーの庇護をメキシコ政府に申請している。 翌1937年にメキシコへ渡ってきたトロツキーと妻ナタリア・セドヴァを「青い家」へ迎え入れ、1939年まで住居を提供した。 フリーダとトロツキーは短い間ながら関係を持ち、トロツキーの誕生日で、ロシア革命の記念日でもある11月7日に制作した『レオ・トロツキーに捧げた自画像、あるいは、カーテンのあいだ』を贈っている。 この作品はトロツキーを支持していたフランスの詩人アンドレ・ブルトン(シュールレアリスムの創始者)の目に留まり、親交を深めるきっかけとなった

 1938年にフリーダにとって最初となる大規模な個展を海外で催すこととなった。 この個展を見たバートラム・D・ヴォルフは、直後ヴォーグ誌に発表した論文でフリーダの作品が他のシュルレアリスムの画家の作品と異なった独自の世界観を持っていると評価している。 同年ジュリアン・リーヴィの招待を受け、ニューヨークのジュリアン・リーヴィ・ギャラリーで再び個展を開いた。 それまで自分の作品を不特定多数に見せるという経験を持たなかったフリーダはこうした評価に困惑を隠せずにいたようで、友人のルシエン・ブロッホに宛てた手紙の中で「人は私の作品の何を見たいのかしら」と綴っている。 1939年、映画俳優のエドワード・G・ロビンソンがフリーダの絵を大量に購入したことを契機としてアメリカへ旅立つ機会が増えていった。 フリーダの成功はアメリカでも驚きを持って報道され、ニューヨーク現代美術館の館長アンソン・グッドイヤー、ジャーナリストクレア・ブース・ルース、写真家のニコラス・ムライなど多方面の著名人から絵の注文が舞い込むようになった。

autorretrato-frida-kahlo A-Few-Small-Nips-Passionately-in-Love-1935-by-Frida-Kahlo  Frida-Kahlo-Roots Frida-Kahlo-Henry-Ford-Hospital-1932 Marxism-Will-Give-Health-to-the-Sick-1954-by-Frida-Kahlo the-broken-column-by-frida-kahlo-osa164 The-Dream-The-Bed-1940-by-Frida-Kahlo Two-Nudes-in-the-Forest-The-Earth-Itself-1939-by-Frida-Kahlo

 フリーダはアンドレ・ブルトン企画した「メキシコ展」を支援するため、1939年にパリへと旅立った。 ここで複数のシュルレアリスト達と親交を結びたいと考えたことがその一因となっていたが、考え方の違いによりパリの芸術家たちと深い親交を持つことはなかった。 加えて戦争の影響によって展覧会は経済的成功に至らず、その後に予定していたロンドンでの展覧会は中止になった。 しかしながらフリーダの作品は好意的に評価され、ルーブル美術館は展示された『ザ・フレーム』を買い上げている。

 フリーダの成功と精力的な活動によって次第に夫婦間の熱は冷めていき、1939年11月6日リベラとの離婚が成立、フリーダは生家である「青い家」へと戻った。 孤独を忘れさせようとフリーダは作品制作に没頭し、経済的にも自立しようと努めた。 1940年9月、再び脊椎の痛みに悩まされ始め、加えて右手が急性真菌性皮膚疾患にかかったため、作品制作が続けられなくなり、治療のためサンフランシスコへと向かった。 医師の指導のもと治療を続け、健康状態が安定した頃、フリーダはリベラへ再婚の提案を行った。 経済的に自立させること、性的関係は結ばないことなどフリーダが提示したいくつかの条件を飲み、リベラは提案に合意し、1940年12月8日、サンフランシスコで二人は2度目の結婚をした。 サン・アンヘルはアトリエとして使用することとなり、二人は「青い家」で生活を行うこととなった。

The-Love-Embrace-of-the-Universe-the-Earth-Mexico-Myself-Diego-and-Senor-Xolotl-1949-by-Frida-Kahlo Tree-of-Hope-Remain-Strong-1946-by-Frida-Kahlo The-Suicide-of-Dorothy-Hale-1938-by-Frida-Kahlo moses-1945 OutsideCasaAzul frieda-and-diego-rivera-1931 Frida-Kahlo Frida-Kahlo-272339

 1940年代に入ると、メキシコ内においてもフリーダの名は知られるようになり、様々な賞を受賞し、複数の委員会委員に選出され、講師の委嘱や雑誌の寄稿などを求められるようになった。 1942年には文部省が支援したメキシコ文化センターの会員に選出され、メキシコ文化の振興と普及を目的とした展示会の企画や講演、出版物の発行などに広く携わった。 また同年、文部省の管轄下にあった絵画と造形の専門学校「ラ・エスメラルダ」の教員にも選ばれ、週12時間の授業を受け持つことになった。 フリーダの型破りな講義は好評を博したが、数ヵ月後には健康上の問題から学校へ通うことが困難となり、自宅での講義に切り替わった。 フリーダは受講していた生徒たちの中から才能ある若人を得、油絵の指導や作品展示機会の獲得に尽力した。

作品と評価

 フリーダ・カーロは生涯にわたって200点を越える作品を世に残しており、その大半が自画像であった。1926年に描いた『ビロードの服の自画像』は、イタリア・ルネッサンス絵画に対する関心が表れており、フリーダが絵画に真剣に向き合った初めての作品とされている。 同年に描かれた『事故』は自身の事故の体験に基づいて描かれた鉛筆画で、レタブロの手法で表現されており、自身の事故をテーマに扱った唯一の作品となっている。 このようにフリーダは自分の身の上に起きたことや自分自身をひたすらに描くことを身上とし、様々な作品を生み出した。 1945年に発表された『モーゼ、あるいは、創造の核』はジークムント・フロイトの著作『モーゼと一神教』に強く影響を受けた作品で、国立芸術宮殿年次芸術展の絵画賞を受賞した。

moses-1945

 自画像を描くということについてフリーダは、美術評論家アントニオ・ロドリゲスに「私はほとんどの時間を一人で過ごすし、自分のことは自分がいちばん知っているから、自分を描くのです」と語っている。 こうした自画像の特徴として、孤独を反映するような荒涼とした空間モチーフを好んで使用する。 夫との関係、事故後の自身の健康状態、子供が産めない身体であることなど、作品はその時フリーダに起こった出来事を象徴的な意味を込めて描くことが多く、フリーダの心情を表現している。 こうした表現は女性の身体や性に対するタブーを打ち砕いたとして評価されており、夫であり、画家でもあったディエゴ・リベラは「彼女は女性特有の、あるいは女性に普遍的なテーマを、仮借のない率直さと冷徹な厳しさをもって描いた、美術史上最初の女性である」と評している。

2013-10-14-15_kahlo_minanayyo 4308931246_274ca9cc40_o A-Few-Small-Nips-Passionately-in-Love-1935-by-Frida-Kahlo autorretrato-frida-kahlo autorretratotrenza_frida_kahlo1941 Block_Kahlo_Rivera_1932 Block_Kahlo_Rivera_1932_cropped Coyoac-n_d-a_de_muertos_08 Diego-and-I-1949-by-Frida-Kahlo Flower-of-Life-Flame-Flower-1943-by-Frida-Kahlo Frida-Kahlo-272339 Frida-Kahlo-959282 Frida-Kahlo-Henry-Ford-Hospital-1932 Frida-Kahlo-Roots frida-kahlo-self-portrait-with-monkeys frida-kahlo-sin-esperanza Frida-Kahlo frida1 Frida_Kahlo_(self_portrait) Frida_Kahlo_Diego_Rivera_1932 FridaInTraction FridaWithJuanFarill frieda-and-diego-rivera-1931 Guillermo_Kahlo_-_Frida_Kahlo,_June_15,_1919_-_Google_Art_Project Marxism-Will-Give-Health-to-the-Sick-1954-by-Frida-Kahlo moses-1945 My-Birth-1932-by-Frida-Kahlo My-Dress-Hangs-There-1933-by-Frida-Kahlo nytfrida OutsideCasaAzul self-portrait-the-frame-1938.jpg!HalfHD the-broken-column-by-frida-kahlo-osa164 The-Dream-The-Bed-1940-by-Frida-Kahlo The-Love-Embrace-of-the-Universe-the-Earth-Mexico-Myself-Diego-and-Senor-Xolotl-1949-by-Frida-Kahlo The-Suicide-of-Dorothy-Hale-1938-by-Frida-Kahlo Tree-of-Hope-Remain-Strong-1946-by-Frida-Kahlo Two-Nudes-in-the-Forest-The-Earth-Itself-1939-by-Frida-Kahlo Viva-la-Vida-Watermelons-by-Frida-Kahlo