フランツ・クライン

Study-for-Washington-Wall-font-b-Painting-b-font-Franz-font-b-Kline-b-font-100 16-12 Kline,-Franz,-self-portrait

1910Wilkes−Barre,Pa.−1962NewYork.N.Y.

 クラインはペンシルベニア州ウイルクスバレに生まれた。1931年から35年(21~25歳)までボストン大学で絵画を学んだ後,1937年(27歳),パリ経由でロンドンに渡り,へずリー美術学校で学ぶ。1938年にニューヨークに移り,以後,51歳で亡くなるまで同地で過ごうも帰国後しばらくは,デパートのウインドウ・ディスプレイや壁画などの装飾の仕事につく。1940年代前半(30歳)までは,肖像画や,彼の故郷を想起させる風景画などを描いていたが,1943年,のちに親友となるデ・クーニングと出会い,また,ジャクソン・ポロックや,フィリップ・ガストン,ブラッドリー・ウオーカー・トムリンなどとの交流から抽象表現への影響を受けた。

 1950年(40歳),ニューヨークのイーガン画廊で開催した初個展に白と黒による抽象画の大作を発表し,大きな話題を呼んだが,翌年,同画廊の個展に出品した激しい身振りと大画面の作品により,一躍,デ・クーニングやポロック,ロスコ,ステイルらとならぶ抽象表現主義の代表作家とみなされるようになった。

 1952年(42歳)にブラック・マウンテン・カレッジの夏期講習を行ない,53年にはブルックリンのプラットインスティテュート,また54年にはフィラデルフィア・ミュージアム・スクール・オブ・アートで教えた。1956年の第28回ヴェネツィア・ビエンナーレ,57年の第4回サンパウロ・ビエンナーレ,60年の第30回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品。

 1956年(46歳)から,クラインは再び鮮やかな色彩を用いた作品も制作するようになった。それは,白と黒だけでは表現しきれないものを解決するための手段であったが,その模索の途中にある1962年(52歳),心臓発作のため亡くなった。

 1968年ホイットニー美術館で回顧展が開催され,翌年にかけてアメリカ国内を巡回した。

 クラインの白と実の作品からは東洋の書がイメージされがちであるが,彼の作品はそれとは全く異なる文脈から生まれてきたものである。そのことについて彼自身,「絶対的な形を創り上げるため,白は,黒と同じ様に用いるのです」,「私が白いカンヴァスに黒い線を描くと思っている人がいるようだが,そうではない。白い部分も白く塗られてそうなっているのであり,黒い部分と同等の意味を持つ」と,繰り返し述べている。また,そうした白と黒によるカリグラフィツクな作品の中に具象的形態を見い出すことも可能だが,そうした解釈については,作家は見る側の判断にゆだねていた。  (F・A・)


■作品

094 095 098 097 098

 


 ■追加資料(wikipedia)

■初期の作品

 クラインの芸術的訓練は、伝統的な作画と起草に焦点を当てました。 1930年代後半と1940年代初頭(20~30歳)の間にクラインは、委託肖像画や壁画に加えて、自然の風景や街並みを描く、比喩的に働きました。 彼の個々のスタイルは、最初、彼は1940年にニューヨークのバーのために描か壁画シリーズホットジャズ 、で見ることができる。

 彼は単純化されたフォームを使用して、この時間の間に開発された個人的なスタイルは、ますます抽象的になりました。 彼が描か数値の多くは機関車、殺風景な風景、そしてペンシルベニア州の彼の故郷、石炭鉱業界の大きな機械的形状に基づいています。 これは、時には彼らが実際に対象のように見えないので、ピースは、これらの場所やオブジェクトにちなんで命名されているため、視聴者にのみ明らかである。 現代のニューヨークのアートシーンの影響で、クラインは、抽象化にさらに働き、最終的表象を放棄します。 以降1940年代後半からは、クラインは、はるかの作品のように一緒に収まる線や面に彼の比喩的な科目を一般始めたキュービズムの時間。

■その後の研究 

 それは広く、彼の友人であり、創造的影響によって彼に作られた提案由来クラインの最も有名なスタイル、と考えられているウィレム・デ・クーニング 。 エレイン・デ・クーニングは、イベントのロマンチックアカウントを与え、1948年に、と主張ウィレム・デ・クーニングは、芸術的助言しましたベル・オプティコンプロジェクターを使用して、彼のスタジオの壁にスケッチを投影するクラインを挫折。 クラインのような突起について次のように述べました。

 エレイン・デ・クーニングが示唆するように、それは、クラインは、大規模な、抽象的な作品に身を捧げていること、その後でした。 次の2年間で、クラインの筆は、完全に非代表、流体、および動的になりました。 これは、クラインは黒と白のみで絵を始めたのはこの時もありました。 彼は白黒パレットは、言って負と正の空間を描くことを意味している方法を説明し、「私は白だけでなく、黒をペイントし、白は同様に重要である。」 黒と白の彼の使用は、と非常によく似ています作られた絵画・デ・クーニングとポロック 1940年代に。

 後で1950年代には、クラインは、より複雑で実験を始めた明暗法の代わりに、 レクイエム (1958)などの絵画に厳しい、単色パレットに焦点を当てています。 その後1958年に、彼は黒と白の絵画にカラフルなアクセントを介して自分の作品に色を使用することを再導入しました。 クラインが1962年に死んだとき、バックカラー使用するには、この探査は、まだ開発中であった。