勅使河原蒼風

 勅使河原 蒼風(てしがはら そうふう、1900年12月17日 – 1979年9月5日)は、日本の華道家。いけばな草月流の創始者。1927年草月流を創流。勅使河原霞、勅使河原宏の父。現在の家元勅使河原茜の祖父。

p_teshigawara-soufu hiroshi09 00344_m 128tesigawara

来歴・人物

 華道において斬新な手法を多く提供し「花のピカソ」と呼ばれた(1955年パリ個展の盛況で、フランスのフィガロ、米タイム誌等でそう賞賛された)。一部、評論家には華道家ではなく総合芸術家であるとする意見もある。既存の華道の世界において重要な型を否定、自由ないけばなを提唱したため異端視された。しかし1957年、フランスから来日した前衛芸術の評論家ミシェル・タピエが蒼風の作品を絶賛し世界に紹介したことにより国際的な評価が高まるとともに日本でも認知されるようになる。蒼風の個展に感激したサルバドール・ダリに自宅に招かれ、流木のオブジェを制作し、柔和な表情のダリと談笑する映像が残されている。

20101206_15818661 131808880669413218753_DSC02845 a0155815_1640445 blogger-image-396034233

 『いけばなは生きている彫刻である』と提言する蒼風は、日本のいけばなを世界に発信した第一人者といえる。戦後、マッカーサー元帥夫人をはじめ米軍将校夫人にいけばなを指導。1952年ニューヨーク個展をはじめ、世界各国で展覧会やデモンストレーションを精力的に行った。デモンストレーションは草月流特有のもので、観客側を正面として、観客に向かい作品の背後から手探りでいけていく「後ろいけ」によって行われる。1960年、フランスの芸術文化勲章、1961年にはレジオン・ドヌール勲章、1962年には芸術選奨を受賞。創作はいけばなに留まらず、彫刻、絵画、書にも亘る。映画『切腹』や『怪談』では題字をてがけている。

05.04.Teshigawara 3767e6e236f906ff6d8002b5ebfdc274 pic_sofu_01 s2829826

 「若しこの世の中に、植物が一つもなかったとしたらどうだろう。どっちを見ても花はない。そういうとき私たちは、一体何をいけるだろう。私は、そこに石があったら石、若しくは土があったら、土をいけるだろう」という発言があり、著書「花伝書」にも記されている。花が手に入りにくい時代にもあらゆる素材で作品を手掛けた。蒼風の言葉『花は、いけたら、花でなくなるのだ。いけたら、花は、人になるのだ。』は、花がいけばなの作品となった時に、作り手の人となりを露わにするものであることを表している。

0庭0fedfc 05.04.Teshigawara 16 54bdf6ee 128tesigawara 00344_m 767ffa88 3767e6e236f906ff6d8002b5ebfdc274 20308 43005 571019_14 20070402_162050_276[1] 20101206_15818661 (1) 20101206_15818661 20121001_321f01 131808880669413218753_DSC02845 a0155815_1640445 blogger-image-396034233 d45cb22b hiroshi06 hiroshi09 img206 p_teshigawara-soufu pic_sofu_01

勅使河原蒼風「草月五十則」部分
第1則 花が美しいからといって、いけばなのどれもが美しいとは限らない
第2則 正しいいけばなは、時代や生活と遊離していない
第3則 精神に古今なく、作品は変転自在
第4則 一輪、一と枝、の強調。大自然を圧縮したような一瓶
第5則 花と、語りつついける
第22則 上手な人ほど、器前、器後の仕事が入念
第23則 花は大切にすること、花は惜しまぬこと
第31則 いけばなは絵だという、音楽でも、彫刻でもある
第35則 家庭だけが場ではない。個人的な場、公共的な場
第36則 花の色だけでなく、器も、台も、壁も、光線も
第39則 環境から生まれたように
第44則 重複がないかを見る、強調があるかを見る
第47則 花を、器を、場所を、探す努力
第48則 意外ないけ方がある。意外な題材を忘れている
第49則 新、動、均、和、の四原則。線、色、魂、の三拍子
第50則 見る目と、造る手と、片寄らぬ精進

草月流 家元継承年
初代 勅使河原蒼風 創流1927年〜1979年
第二代 勅使河原霞 1979年〜1980年
第三代 勅使河原宏 1980年〜2001年
第四代 勅使河原茜 2001年〜
2009年2月15日、蒼風夫人、勅使河原葉満(はま)が105歳で他界した。